KOTARO NUKAGA Ensemble #1

Summer Show

2022年8月6日(土)- 9月30日(金)

KOTARO NUKAGA(天王洲)

KOTARO NUKAGA(天王洲)では、2022年8月6日(土) – 2022年9月30日(金)まで、7名のアーティストの作品を展示するSummer Show「KOTARO NUKAGA Ensemble #1」を開催いたします。本展示では言葉とイメージの関係性によって芸術のあり方に疑問を呈し1960年代にコンセプチュアル・アートの地平を切り開いたジョセフ・コスースのネオンの作品、そして向山喜章、ニール・ホッド、森本啓太の最新のペインティング等を紹介します。

光という根源的な存在と一貫して向き合ってきた向山は、本展示で独自のルールに従って並べられる8点のキャンバスを発表します。色彩そのものを素材として捉え何層にも繊細に淡く塗り重ねた作品「veeda」は、連続した色の変化がグラデーションとなり静謐な耀を空間に放ちます。日本での初個展をKOTARO NUKAGA(六本木)で開催しているホッドは、代表的シリーズ「The Life We Left Behind」からキャンバスの大作を展示。独特のプロセスを経て制作される本シリーズは、油彩層の上で化学反応を起こしたクロームや酸、アンモニアなどが、複雑に輝く鏡面のような画面を構築し、鑑賞者の存在をおぼろに取り込みます。

3点の新作を展示する森本啓太は、バロック期の絵画ように完璧にコントロールされた光の表現と、現代社会における日常的な風景をモチーフとして折衷的に組み合わせることにより、独自のリアリズムを描写します。一瞬を切り取るような構図により、どこでもないどこかに光をあて、都市生活の中で誰しもが感じる生きづらさから逃れられる場所「ヘテロトピア」を描き出します。

今回のSummer Showでは同時に、ジョエル・メスラー、トニー・マテリ、松川朋奈の作品も展示します。酷暑が予想される今夏ですが、どうか十分な暑さ対策のうえギャラリーに足をお運びください。皆様のお越しをお待ちしております。

image©︎Courtesy of Yutaka Kikutake Gallery

開催概要
KOTARO NUKAGA Ensemble #1

アーティスト

ジョセフ・コスース

向山喜章

ニール・ホッド

トニー・マテリ

ジョエル・メスラー

松川朋奈

森本啓太

会期

2022年8月6日(土)- 9月30日(金) 11:00 - 18:00 (火-土) ※日月祝休廊 ※国や自治体の要請等により、日程や内容が変更になる可能性があります。 ※誠に勝手ながら8月11日 (祝•木) - 15日 (月) は夏期休廊とさせていただきます。

会場