千葉JPFドームに松山智一の作品が常設展示

2021年9月17日

この度、千葉JPFドームに松山智一の作品が常設展示される運びとなりました。

世界レベルの選手たちがしのぎを削る自転車競技に、アート、フード、ファッションといった異なる領域のカルチャーを融合し、これまでにない体験をもたらす全く新しいスポーツエンターテインメント、それが10月2日(土)に開幕する「PIST6 Championship」です。

会場となる「千葉JPFドーム」のメインエントランスには、その新たな理念に共感し、「PIST6 Championship」の優勝トロフィーを手掛けた松山智一による作品が常設展示されています。咲き誇る向日葵を模した《Glory Slowly》と、生命を終えて朽ち果てたひまわりを模した《Immortality Morality》という対を成す、高さ4.5mの彫刻作品は、盛者必衰・輪廻転生・起死回生といった人間の営みや生命力、そして超えるべきハードルや挑戦の連鎖によって、我々が存在するリアリティを力強く表現しています。また、ホワイエの奥に展示されている幅30mにも及ぶ壮大な壁画作品《A Daunting Task》は、そのカラフルな背景とは対照的に、本来華やかに彩られているはずの花が無彩色で描かれています。無彩色の花は、物事が持続する過程やプロセスの中で自己発見や自己成長を遂げる我々自身の存在を問いかけます。

圧倒的なスケールの作品をお楽しみいただけますので、お近くにお出かけの際はぜひお立ち寄りください。
千葉JPFドーム:千葉県千葉市中央区弁天4-1-1

Photography by Makoto Shikuya

ARTISTS