OVERVIEW

1992年 神奈川県生まれ、神奈川を拠点に活動。2017年に多摩美術大学大学院を修了し、現在は相模原市のスタジオArt space Kaikas’を拠点に活動。寺本は絵画だけでなく、過去にはインスタレーションにも取り組み、空間を意識した展示方法や画面構成を試み続けている。「どのような場所であっても、ものや人が並んだ時、それらは対等な関係であるはず」だと考え、その関係が自然と際立って見える場所を「patio」(中庭)と寺本は呼んでいる。目の前にあるものや人を繰り返し描く作業を通じて、こうした「patio」の空間が画面のなかに現れ、対象関係だったもの同士が繋がっていくのではないか。寺本の絵画やその展示方法は、対象と対象の関係性や対象が存在する空間そのものを、様々なかたちで捉えようとしている。

HISTORY